自然素材の家づくりでアレルギー緩和|環境と体にやさしい戸建て住宅

つみ木

地震に備える家作り

部屋

衝撃を吸収する

9月1日は防災の日です。天災は忘れたころにやってくるといわれますが、富田林市でも各家ごとに地震に備えのある家作りが必要です。耐震とは柱と柱の間に筋交いを入れたり、建物をより頑丈にして地震による損害を減らすことを指します。建築基準法を厳守していれば地震が来ても大丈夫といわれていますが、過去の例を見ても少なからずダメージを受けるのは必至です。というのも耐震は建物自体を強固にする考え方です。戸建てそのものが強固になるので地震による損害を抑えることはできますが、地震エネルギーがそのまま伝わってしまうため戸建て全体で揺れを受けることになり、住む人や家具に地震による揺れがダイレクトに届いてしまいます。その結果、家具が倒れたり壁にヒビが入ったり崩れたりとリスクが生じます。免震とは建物と基礎の間にパネルやベアリングといった免震装置を組み込み、衝撃を吸収されることで地震の揺れが戸建てに伝わらない仕組みになっています。揺れが大幅に軽減されることで、家具や人にも揺れが伝わりにくくなり、損害も揺れへの不安も小さくすることが可能になります。現在、一般住宅向けのシムテムも数多く開発され、富田林市で実際に取り入れる戸建ても増えています。しかし、富田林市の地盤によっては取り付けられなかったり、建物の土台全体に設置するため隣家との距離がある程度必要だったり、富田林市では大掛かりな装置になるので工期が長くなり、コストも大幅に増えるなど、いくつかマイナス面もあることを知っておいてください。

Copyright © 2017 自然素材の家づくりでアレルギー緩和|環境と体にやさしい戸建て住宅 All Rights Reserved.